悪徳業者逮捕速報

【小学生と性交】自称警備員の沢田龍裕容疑者31歳、小6女児と性交疑いで逮捕!顔写真入手!【自称警備員】

投稿日:

2017年11月2日小学生女児に淫行を行った疑いで31歳の自称警備員の男が逮捕されました。
金銭のやり取りがない事からネットでは恋愛だったのでは等の書き込みもありますが実際はどうなのでしょうか・・・

事件の概要

小学6年の女児と性行為をしたとして、福岡県警博多署は2日、強制性交の疑いで、東京都府中市小柳町、自称警備員、沢田龍裕容疑者(31)を逮捕した。署によると、2人はインターネットの出会い系サイトで知り合ったという。

逮捕容疑は9月23日、福岡市博多区のホテルで小学6年の女児(12)と性行為をした疑い。

刑法では合意の有無を問わず、13歳未満と知りながら性行為をした場合は強制性交罪に問われる。

沢田龍裕容疑者(さわだたつひろ)のFacebookを探したところ、同姓同名の人物が1名ヒットした。府中市在住のため、ほぼ100%本人で確定です。

▽沢田龍裕容疑者の顔写真

31歳より幼い印象の大人しそうな顔写真ですね。
自称警備員という怪しい肩書きやから考えてもまともな人物ではなさそうだ・・・
今回の事件では金銭のやり取りはなしとの事なので小学生の『タダマン』目当てにわざわざ東京から福岡に出てきたようです。

女児と沢田龍裕容疑者の関係が恋愛だったのかどうかは明らかになっていませんが、いずれにせよ小学生に手を出すのは流石にヤバいと考えて分からなかったのでしょうか。
真っ当な出会い系で小学生と出会う事は不可能なので、今回利用されたのは悪徳出会い系アプリでしょう。
未成年完全排除の安心アプリ

この事件の罪状は『強制性交罪』という聞きなれないもの。今年施行された法律のようです。

強制性交罪とは

2017年7月13日に「強姦罪」から「強制性交罪」に変更された新しい法律です。
性犯罪の厳罰化や、被害者の告訴がなくても起訴できるようにすることなどを盛り込んだ内容となっています。性犯罪に関する刑法の大幅な改正は初めてで、110年ぶりだそうです。

(1)これまでの強姦罪との違い
名称を「強制性交等罪」に変更し、被害者の性別は女性のみではなく、男性も含むこととしました。
また、姦淫行為だけでなく「肛門性交又は口腔性交」も併せて「性交等」として処罰されます。
さらに、法定刑も「3年以上の有期懲役」から「5年以上の有期懲役」へ厳罰化されました

(2)「監護者わいせつ罪」と「監護者性交等罪」を新設
親など監護・保護する立場の人が、その影響力を利用し、18歳未満の子供と性行為やわいせつな行為をした場合に、暴力や脅迫がなくても処罰できるようになります。

(3)「親告罪」の廃止
従来の強姦罪や強制わいせつ罪などの性犯罪は、被害者本人が加害者への処罰を求める告訴という手続きをとらなければ、起訴できませんでした。この「親告罪」と呼ばれる規定が削除され、全ての性犯罪で告訴がなくても起訴できるようになりました。

(4)強盗強姦罪、刑罰の統一
改正前は、強盗と強姦の両方をした場合、犯行の順番によって刑罰に差が出ていました。

強盗が先だと「強盗強姦罪」として「無期か7年以上の懲役」となる一方、強姦が先なら「5年以上30年以下の懲役」の刑が科されていました。この違いを是正するため、犯行の順番に関わらず「無期または7年以上の懲役」に統一しました。

(5)集団強姦罪の廃止
2人以上で強姦した場合に懲役4年以上とする刑罰規定を削除しました。

改正の理由については「近年における性犯罪の実情を考慮し、事案の実態に即した対処をする必要がある」としています。

『非出会い系アプリ』の問題

今回の事件で沢田龍裕容疑者が小学生と出会うために利用したのは出会い系。
二人が使用していた出会い系は、出会うことが利用規約で禁止されている『非出会い系』と思われます。

この『非出会い系アプリ』には大きな問題があります。
それは未成年が簡単に登録できるシステムです。なので小学生の女児も登録していたのでしょう。

ロリコン趣味な訳でなく、未成年を避けるよう気をつけて利用していても未成年である事を隠した少女と出会ってしまう可能性だってあるわけです。

気づかずに会ってエッチな事をしてしまったら・・・
少女がなにかの拍子に警察に自供してしまったら・・・
逮捕されるのは私たち男性ユーザーです。

未成年を相手にしてしまうと知らなかった」では済まされないので、『非出会い系アプリ』は私たち男性ユーザーにリスクが大きすぎます。
安心安全な優良出会い系

優良な大手は年齢確認をしている

年齢確認のない出会い系の方がなんだか気軽に使える気がしますよね。
たかだが出会い系の登録に「いちいち身分証の写真を送って年齢確認なんて面倒だ!」と思ってしまう人が大半だと思います。

ですが年齢確認を行なっていない=危険と隣り合わせ
という事をくれぐれも覚えておいてください・・・

優良大手は「インターネット異性紹介事業届出」を必ず国に提出しています。
この届出があることで身分証での年齢確認が義務になるので、未成年は必然的にブロックされます。なので安心安全出会う事ができます。

出会い系が悪用される、このような事件の被害者を増やしてはいけません。
そのためにも、優良な出会い系のみを利用するようにしましょう。

本当に出会えた神アプリ

『ハッピーメール』アプリがイチオシ!



日本最大級の会員数
【ハッピーメール】は出会いを提供し続けて20年の歴史を持つ老舗出会い系アプリで、クリーンなイメージやキレイ目なデザインで現在も女性ユーザーを増やしています。セキュリティ面も充実しており、365日24時間年中無休のサポートセンターはもちろん、徹底された年齢確認で未成年は完全排除!安心安全な大人の出会いを提供しています。利用者のことを一番に考えたシステムや良心的な値段で出会い系初心者にもオススメです。

『Jメール』で大人の出会い

安心・安全の低料金で出会えるアプリ
【Jメール】は運営17年の実績があり、会員数600万人を突破した大手優良出会い系。 20代をメインに上は60代までと幅広いユーザーが登録しています。 国に異性紹介事業として認められた出会い系なのでセキュリティ面も充実、24時間運営のパトロールでサクラは厳しく取り締まられるので安心して利用できます。 気軽に書き込める掲示板機能で、婚活からちょっとエッチな関係まで理想の相手探しをサポートしてくれます!【Jメール】はユーザーのことを一番に考えた良心的なシステムや値段設計で出会い系初心者も安心です。

-悪徳業者逮捕速報

Copyright© 出会える一休.com|出会い系案件YouTubeヤラセ報告、悪徳出会い系アプリ検証 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.